家庭教師のファミリーの不登校支援「段階を踏んで一歩ずつ教室復帰を目指します」

■「家庭教師のファミリー」のおすすめポイント

「家庭教師のファミリー」は小学生から高校生までを対象に
学習習慣の定着、中学受験対策、定期テスト対策、大学受験対策
資格取得サポートなどを行っています。

①独自の指導メソッドを開発
家庭教師のファミリーの指導は27,000人以上の指導データを基に
開発された独自の指導メソッドに基づいたものになります・
これは心理学を取り入れたもので、お子様の状況と照らし合わせながら
最適なアプローチを行うことで、最終的に目標へと導くものです。

独自の指導メソッドは「ティーチング」と「コーチング」をかけ合わせたものです。

上下⇔対等
教える⇔引き出す
受動的⇔自発的
頼る⇔自律する
保つ⇔上がる

というように、それぞれを5つのステップで
自ら学べるように「ティーチング」と「コーチング」を
その時によって組み合わせて働きかけます。

②ファミリー認定教師
派遣される教師は指導経験が豊富なプロ教師(社員)と
現役大学生が中心の一般教師から選ぶことができます。
もちろん一般教師も厳しい学力検査を通貨した
上位国立大学・大学院の現役生や既卒生が中心です。
面接では更に人柄や性格を見た上で採用しているので
安心してお子様の指導を任せることができます。

教師との相性はお子様のやる気に直結します。
お子様の性別、性格、趣味、学習状況などから最適な教師を選出します。
もちろん相性が悪い場合には教師は無料で交代ができます。

③年間学習カリキュラム・毎日の学習メニューを作成
目標から逆算して、いつまでに何を取り組むのか
お子様専用の学習カリキュラムが作成されます。
家庭教師が派遣される以外の授業がない日にも
学習に取り組めるように、次の授業までの毎日の学習メニューを
細かく作成します。
もちろん部活動などの予定も考慮して、無理なく取り組めるので
学習習慣の定着に有効です。

■家庭教師のファミリーの不登校支援「第三者がお子様と関わることが大切」

家庭教師のファミリーでは不登校で悩むお子様・ご家族を対象とした
不登校支援サポートがあります。
中学生は最も不登校率が高く、約37人に1人が不登校と言われています。
クラスに1人の割合で不登校が起こるのも珍しくなく
不登校の悩みは決して特別なものではないのです。

①段階を踏んだ教室復帰をお手伝い
不登校にも様々な状況があります。
「数日に一度登校できている」「保健室登校ならできる」
「外出はできる」「家から一歩も出ることができない」とお子さんの状況には違いがあります。
共通しているのは人間関係を築くのに不安があるということです。

家庭教師のファミリーでは「第三者がお子様と関わることが大切」と考えています。
家族は身近な存在で、その子のことを思うから
「学力が低下してしまう」「逃げぐせがついてしまう」
「逆境に負けずに立ち向かって欲しい」と考えてしまいます。
それで学校に行かないことを叱ったり、励ましてしまいます。
これは逆効果でかえってお子さんの不安や苛立ちを深刻化させてしまいます。

家族でもクラスメイトでも、学校の先生でもない「第三者」だからこそ
他人との人間関係を築くトレーニングができますし
自分の心のうちを隠すことなく打ち明けることができるのです。

②教室復帰に必要な3つを取り戻す
家庭教師のファミリーの不登校コースでは教室復帰に欠かせない
3つの要素を取り戻すお手伝いをします。

・学習の遅れ
小学生の場合は遅れを取り戻しやすいため、中学学習内容の基盤となる
算数や国語などの単元を絞った対策を行います。
中学生の場合は、学習のスピードも早く内容も難しくなるため
授業に参加できない場合、独学では勉強をすすめることはできません。
授業に参加できないと内申点に響くため、進路にも影響が出てしまいます。
家庭教師のファミリーではできるだけ内申点のカバーを行うとともに
学習の遅れを取り戻すお手伝いをしてくれます。

・自信を取り戻す
学校に行けない自分は駄目、お友達と上手くやれない自分は駄目。
親をがっかりさせてしまう自分は駄目。
そうやって自信を失ってしまったお子様を受け入れ
一緒に解決していく姿勢を取ることで、不安を和らげ自信を取り戻す
お手伝いをしてくれます。
勉強、外出と小さな目標を1つづつ達成し出来ることを増やします。

・生活リズムを取り戻す
学校に通わなくなると生活のリズムがくずれやすくなり
不安による睡眠障害や親に顔を合わせるきまずさから
昼夜逆転生活になってしまう子も少なくありません。
時間をかけて少しずつ生活リズムと取り戻すお手伝いもしてくれます。

■家庭教師のファミリー プランと料金

●プラン
・小学生 中学受験対策/中学準備対策/勉強嫌い克服
苦手教科対策/勉強習慣づけ/基礎学力の定着
・中学生 高校受験対策/定期テスト対策/苦手教科対策
勉強習慣づけ/両立学習/中高一貫サポート
・高校生 大学受験対策/定期テスト対策/苦手教科対策
学校授業サポート/両立学習/塾・予備校フォロー
・期別講習 長期休暇を活かした苦手克服、予習
・資格・検定対策 英検、漢検、高認、看護受験など
・学習視線 軽度発達障害支援/不登校支援

●料金
家庭教師のファミリーはシンプルな料金体系です。
入会金、管理費、違約金など授業料以外にかかる費用が一切かかりません。
集団塾や個別塾などである受験対策日や期別講習費なども発生しません。

・苦手対策・予習・復習
・学習習慣づけ
・受験対策・内申点対策
・学校提出物管理
・定期テスト対策
・年間学習カリキュラム作成
・毎日の学習メニュー作成
・電話サポート・受験情報提供
・夏期・冬期・春期講習
・各種資格・検定対策

上記のサービスが全て授業料に含まれています。
またテスト・入試前などに授業回数を増やした場合でも
月に何回授業を行っても常に一定の料金になるように設定されています。

●料金シミュレーターで事前にチェック
公式サイトの料金シミュレーターでどのくらいの費用が必要なのかを試算できます。

例)
小学4年生/一般教師/1回あたりの授業80分 ⇒5,100円~
中学2年生/プロ教師/1回あたりの授業100分 ⇒9,400円~
中学3年生/一般教師/1回あたりの授業130分 ⇒9,000円~
高校3年生/プロ教師/1回あたりの授業130分 ⇒13,800円~
その他/プロ教師/1回あたりの授業130分 ⇒12,400円~

■家庭教師のファミリー「不登校支援」はこんな方におすすめ

家庭教師のファミリー「不登校支援」は不登校に悩むお子様に
学校に復帰して欲しいと願う方、学校に復帰したいけれど
どうすればいいか分からないお子様におすすめです。

家庭教師のファミリーには軽度発達障害支援もあります。
発達障害は知的な遅れではなく脳機能の発達にかたよりがあることで
「変わった子」「困った子」と扱われてしまうことが多く
病院で診断を受けても明確な診断がでない「グレーゾーン」の子も多くいます。

不登校に悩んでいるお子さんの中にはこうしたことから
学校に通うのが難しくなってしまっている子もいます。
家庭教師のファミリーではお子様の特性を理解して
様々な工夫を行いながら学習や普段の生活をサポートしてくれます。

学校に通うことに様々な問題を抱えているお子様がいる場合
家庭教師のファミリー「不登校支援」を検討してみるのが良いでしょう。

■家庭教師のファミリー「不登校支援」利用者の評判 600

●小学生の親御さんの口コミ
娘は小学校6年になってから、担任の先生ととにかく反りが合わず
学校に行けなくなってしまいました。
かなり問題のある先生のようで、モンスターペアレントと言われるのも
覚悟で学校に色々働きかけても駄目で……。
公立ですが小中が一緒になっている学校なので
中学校は私立の学校に行かせようということになりました。

学力は元々低くないものの、中学受験をさせるほどのレベルではなかったため
緊急で学力を上げる必要があり、家庭教師の先生の派遣をお願いしました。
人間不信のようになっている娘の心を熱心に解きほぐしてくださり
外部の学力テストを受けた際も成績が大幅に上がりました。
お陰様で第一志望の私立には手が届きませんでしたが、第二希望に通えることになりました。
もし家庭教師をお願いしなければ、第二希望にも到底手が届かなかったと思うので
先生の素晴らしさに驚き、感謝しています。

●中学生の口コミ
友達の好きな人から告白されました。
私は友達の好きな人を取るつもりはなかったし、好きな人でもなかったので
告白を断りました。
そしたら次の日から友達に無視されるようになって悪口を沢山言いふらされました。
学校の先生にいじめを受けていると相談して、謝ってくれたけど
形だけ謝ってくれても、今更仲良くすることはできません。
それで学校に行けなくなってしまいました。
家庭教師の先生は勉強を教えてくれるだけじゃなくて
通信制の高校があるよとか、単位制の高校があるよとか
色んな選択肢があることを教えてくれました。
中学校には行けなくても、もう一度高校でやり直したいと思っています。