何を学ぶかが大事、親にできることは限界がある

■学校にこだわり過ぎると答えを見失う

不登校の子供を持つ親の多くは「学校にこだわる」という特徴があります。
学校に行ってほしい、学校に行くためにはどうすればいいのか、
そういった気持が強くなっていませんか。

学校に行ってほしいという気持ちそのものは全く間違っていません、
むしろ正しいと言った方がいいでしょう。
だかたこそ、学校にこだわり過ぎることは非常に厄介な結果をもたらします。

自分も子供の頃に学校で勉強することを経験してきた親にとって、
学校に行くことは簡単な事だという心理が働いてしまいます。
そのため子供が不登校になったときに、どうして学校にいけないのか?
学校はそんなに辛いところじゃないという考えが全面に出てしまいます。

しかし貴方と子供は別人格であり、それぞれに個性があります。
子供にとっては学校に行くことが泣くほどイヤで辛いのです。
こうなると学校に行くことだけが目的になってしまい、根本的な原因の
解決を見失ってしまいます。

■学校に行くことだけを目的にしない

学校に行くことを目的にアレコレ策を練ってみても、
最終的には行き詰ってしまいます。
学校に復帰することは、あくまでも不登校解決に向けた通過点なのです。

子供にとって大事なのは、どこで学ぶかよりも何を学ぶかです。
最終的に何を学んで、何を身に着けたのか、これが重要なのです。
イヤイヤ学校にいっても、何も学ばず身につかなければ意味がありません。

学校にこだわり過ぎることで、思春期にしか身に着けることのできない
脳や体の成長がおろそかになってしまうのです。

■不登校のすべてを家庭で解決することは難しい

不登校に対して親ができることには限界がありますし、
その期間というのは思っているよりも短いものです。

不登校=全て家で解決するもの
という認識を持ってる人が多いと思いますが、それは違います。
小さなサポートという意味では長期にわたって行う必要がありますが、
それは不登校に関係なく子育ての基本と言えます。

子供が学校に行くことを拒絶するのは、その原因となるものが
「すごくイヤだ」ということにあります。
拒絶が強ければ強いほど、原因である第1のイヤの壁が大きいと言えます。

第1のイヤの壁を崩すためには、数多くの階段をクリアしなければならず
それは非常に困難を極めることでしょう。
また解決に向けて時間が必要になることも受け入れる必要があります。

■親が子供から逃げないことを子供に見せる

時間が掛かると言われると、心が重くなることでしょう。
逃げたくなると思いますが、それは子供が学校に背中を向けているのと同じです。
イヤな事から逃げる、これこそが不登校の原因ですから
それと同じことを親がやってはいけません。

むしろ大人の知恵を働かせて、チャンスだと思いましょう。
親が手本となり「現実から逃げない」「イヤな事から逃げない」という
態度を示すことによって子供が自身に向き合うきっかけを与えるのです。

親ができることは、諦めない事を子供に示し続けることです。
勉強や人間関係といったことは親の手では限界があります。
教育についてはそのスキルのある施設などを活用するして、
住み分けすることを忘れてはいけません。