不登校について誤解してはいけない

■不登校は解決できない問題ではない

不登校の子供を抱える家庭では、ずっとこのままなのでは?
と悩むケースが多く見られます。

しかし不登校は子供に適した教育をすることで、解決の方向に向かっていきます。
解決しない不登校は無いと言っても過言ではありませんが、
だからといって何もせずに待っていればいいわけではありません。

不登校は時間が解決する問題ではなく、時間が経過すれば
二次的、三次的な問題が発生してしまい解決が困難になります。

■どうして不登校の解決は難しいのか

不登校の解決を困難にしているのは、子供自身が問題解決を望まず
一番近くにいる一番大きな抵抗勢力になってしまうからです。

親は子供とのコミュニケーションを取ろうとして、
学校の先生に頼んだり、友達に御願いしたりします。
しかしそんなことで簡単に解決できないのは、子供自身が
少しでも素直になって仲良くしてしまったら「学校に行け」と言われる!
というスタンスで抵抗してくるからです。

■解決に必要なことは子供自身にある

不登校を解決するためには、子供自身が根本的な原因を直視して
自分自身のこととして向き合うことが必須となります。
曖昧な表現で分かりにくいかもしれません、何故なら子供によって
不登校になる原因は様々だからです。

分かりやすく言えば、子供が自分の目で見て、足で歩き、笑い、喜び、泣き、
体を動かし、勉強し、他人と関わって行くことを意識することです。

そのためには子供が変わらなければなりません。
親ができることは、過去に捉われずやり方を変えてみましょう。
上手くいく方法は1つとは限りません、解決は過去ではなく未来にあるのです。

■不登校の原因が心の問題に見える理由

不登校を解決しようとしている家庭を見てみると、
不登校の原因と感情が入り混じってしまっているケースが多く見られます。

不登校の原因はずばり「悩み」に起因していますが、
肝心の子供がイヤだといって拒絶することへの家族の反応を同列に考えてはいけません。
しかし全く別物のはずなのに、これを同列に扱ってしまうことが多く、
不登校の現認と関係ないところでもめてしまうのです。

不登校の原因は子供の心の問題に見えてしまうのは、子供自身がはっきりと
原因について話さないからです。
助けてとも言わないでしょう、どうしてほしいかを聞いても「わからない」と言います。
だから、心に病を抱えているのでは?と思ってしまうのです。

■心の問題ではなく単にイヤの壁を作っているだけ

子供は家族と仲良くして学校に行けと言われることを拒むために、
あれもイヤ、これもイヤと壁のように自分の周りをイヤで囲みます。

普通、イヤな事があっても「仕方ないか」「別の道を探すか」
といった感じで妥協して問題を回避していくものです。
しかし、イヤの壁というのはそんなことすら許さないほど、
強固であり崩すことのできない問題となります。

このイヤの壁は子供によって違っており、親はそのイヤに対して
ヒステリックに反応してしまいます。

あまりにもイヤの壁が強固なので、周りの人間は「理解できない」となり
イヤの壁を心の問題として解決しようとすれば、不登校は長引いてしまいます。
問題を切り離して考えていく必要があります。